アントノフ124ルスラン アンカレジに向けて飛び立つ!オーロラ航空のDHC8-400のフェリーで鹿児島からユジノサハリンスクまで飛んだ。2020年03月28日

昨日、VVOウラジオストクから成田に着陸していた、アントノフ124ルスラン。RA-82043。

フライトレーダーを見ていたら、いた!アンカレジに向けてVI2994便として今、成田から飛び立ちました。

羽田の状況は、朝から8時40分までずっと、LDAZアプローチではなく、新しいRWY22、RWY23アプローチで驚きます。ただ、羽田のATISを聴いたら、34LRになってるので、??と思います。

その後、管制が隊列を整え、34LRへの着陸に変更しました。

ところで、本日は、本当は鹿児島経由で徳之島まで行く予定でしたが、あっけなくキャンセル。まずJAL643便 本日はJA8976が充当、で鹿児島へ。その後、エンブラエルで徳之島へ行くはずでした。残念。発着状況を観てみると、旅客が少ないので、多くの便がオンスケジュールで飛行しているのがすごいと感じました。

そのKOJ便を見ていたら、鹿児島空港からHZ9222便というのがテイクオフしました。???。HZって、ロシアのオーロラですよね。RAー67256で、履歴を見てみると2月上旬から台南で整備をしていた様子です。

結局HZ9222便として、鹿児島からユジノサハリンスクまでそのまま飛行しました。フライトタイム3時間40分。ダッシュ8はこんなに飛べるんですね。途中高知空港、高松空港、小松空港、そこからは佐渡上空を通過して、ダイレクトでオホーツク海の日ロコントロールの境界にある、ポイントANIMOまで。その後サハリンの右側の岬の先にあるポイントODEKOの手前で、アニワ湾にあるMARATかTOGURのどちらかをめざし、いつものコルサコフを右に見て、RWY01に着陸しました。

夕方一度だけ車で遠いいなげやさんへ買い物へ。交通量いつもの3割程度でした。