硬貨に興味津々(昭和52年の10円玉)2019年01月22日

一生懸命仕事!

仕事の一貫で硬貨について興味が出ました。紙幣(数年)と比較して、硬貨は寿命が長いということは一般的に知られています。

で、昨日財布の中をみてみたら、昭和49年の5円玉、50円玉が見つかりました。ネットで調べてみると、昭和49年は結構硬貨が鋳造されているようです。比較的平成の硬貨が全体流通量のなかでは少ないかもしれないことを知りました。

ちなみに、今日の財布の中に入っていたのは、昭和52年の10円こ。10円こ、という言い方は、仙台弁です。何円硬貨、というのを100エンコ、とか50エンコと言います。

今までこんなに硬貨にツボったことありません!

昭和52年。それは、私が小学校1年生、青森市立浜田小学校に入学した今から、42年前の硬貨です!どこでどうしてきたのか。