府中試験場大型二種見学+西立川+昭島ボルタリング+小作+東青梅ほか!充実1日2016年03月29日

休暇を使いなさい、という上長からの指示で今日も休みます。今朝はゴキブリと毒蛇の夢でうなされます。4時に一旦目覚め、6:30までぐっすり。こんなにぐっすり寝れたの久しぶりです。

で、こういう平日の休みの日は府中試験場へ見学に。行ってみたら、けん引UD車が引退して、なんといすゞフォワードに!被牽引車はトレクスみたい。多摩800、は 797です。昨年UD車運転できてよかったです。

「大型二種はどうかな?」と思って見てみると、もう方向変換に止まっていました。

今日は女性二人。1番さん。方向変換で真ん中にいたので、左に出るとき、左後輪を少し接っていました。で、右に切ってバック。なんとか切り抜けました。鋭角も、まずまずでした。坂道もばっちり。

2番さん。方向変換に右折で入るとき、右後輪が接っていたようです。私と同じテクニックで、右後輪が右に近づくため、がまんして頭左に振っていたのはよいです。

ただし、鋭角では入るときに右後輪を思いっきり縁石に乗り上げ。怖くて切るの早いんだわね。やっぱり左鋭角のポイントは、早く左に切りすぎない。また、1回目のバックで思いっきり右ステア、ないしフルステアしないことですね。これらを守らないと、左後輪の余地がなくなります。

試験中止でお帰りです。

どうもお二方バス会社さんの方のようで、延々と指導されていました。その後、試験官さんが思いっきなスピードで、コースを鋭角まで走られていました。私も今ならできると思います。こうやって見ると、大型二種ってやっぱり難しいんですね。

布団干しして、食事をして再出発。今日は15時に東青梅に用事で行ってみることを考えていました。

それに追随し、青梅線で乗り降りしたことのない駅に行くこと、とモリタウンのボルタリングの壁を見に行くことです。

今までの人生で青梅線に約600往復乗りました。何らかの用事があって沿線で降りたことがある駅が多いのですが、記憶をたどると、西立川、小作、東青梅で下車したことがありません。もっとも、青梅以遠は除いて考えますが。で今日はその3駅に降りてみます。

まず西立川。1229T青梅特快。自宅から15分で行けます!へー、こんな感じなんだ。北口は昭和記念公園直結。南口はファミマ。こじんまり。


1331発の1309T。立川発ですけど列車番号にTの10連。昭島に下車、生まれて初めて南口へ。へー。ついでに銀行へ。北口モリタウンへ行き、ボルタリングのところへ。警備員さんにお伺いし到着。へー。こんな感じなんだ!

今度は1414発の1317Tで小作へ。ここも初めて降ります。ここ羽村なんだ!北口は、河辺と同じ感じがします。

最後1442小作発の1305Hに乗車。列車番号がHということで確認すると、ちゃんと6+4分割編成が。感動。

東青梅へ。ここも初めて降ります。まずマルフジのあるほうへ。そのまま歩いて青梅総合高校へ入試の合格発表を見に行きます。仕事柄、合格発表「行ってこい!」というものの実際に見たことがありません。へー。こうやって掲示するんだ!高校の先生方にご挨拶して。

帰りは1519発の東京行きへ乗車。このまま行くと、「米タンとすれちがうんじゃない?」と思い、西立川で降りてみます。待つこと10分。短絡線から来ました!

https://www.youtube.com/v/Q-UoGGej0iw 動画を撮影。

望遠ぎみにしたら手が震えてすみません。今度、安定した画像を撮りたいのと、拝島から基地までの路線を動画で撮りたいです!

戻って100均で買い物。めっちゃ混んでいます。その後吉祥寺まで用事。戻って車でクリーニング屋さん、いなげやさんへ。

大根の切れ端があって、卵の賞味期限切れているのがあるので、今夜はおでんにしました!

今日が3年間の「本当の仕事の終焉」で、自分で最後の最後を見届けられて満足です。ついでに色々な見聞ができてよかった。本当に充実した1日でした。考え抜いて今日のスケジュールを立てました。

この年齢まで仕事をしてきて、私の仕事って「人を幸せに(完全にはできないかもしれないけど、)導けるかな?」って思いました。そんなふうに思ったの生まれて初めてです!

コメント

_ Chofu Fuchu ― 2016年04月06日 23時01分29秒

ご無沙汰しています。Chofu Fuchuです。
府中運転免許試験場の話題が出ましたのでコメントさせていただきます。
UD トレーラー引退ですか。私は2回乗りましたが、いずれも方向変換でドボンとなり、あまり良い印象がありません。合格は日野ドルフィンで勝ち取りました。
今から3年後くらいにけん引二種を取ろうと考えており、そこでリベンジを果たしたかったのですが、もう居ないのですね。
いすゞは、ワイドボディなのでしょうか?

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://chibaakira.asablo.jp/blog/2016/03/29/8059773/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。